就職に有利な方があるのか

就職に有利になる情報を把握しよう

求人に応募すれば、履歴書を送ったり面接を受けたりすることになります。
合格しないと、働くことはできません。
求人雑誌には、面接を成功させるためのコツが記載されていることが多いです。
これまでいくつもの面接で不合格になってしまった人は、態度や見た目に問題があったかもしれません。
改めてから面接に挑戦することで、今度は希望の会社に採用されると思います。

求人情報誌は無料なので、本当に求人の情報誌しか掲載されていないことが考えられます。
自分は面接や履歴書の書き方は問題ないと自信を持っている人は、求人情報誌を見ても大丈夫です。
しかし不安が残っている人は、有料の求人雑誌を見て勉強してから求人に応募した方が良いです。

仲介業者がいない特徴

雑誌にも情報誌にも、会社の電話番号やメールアドレスが記載されています。
誰も仲介してくれる人がいないので、自分は連絡することになります。
連絡先を間違えたら何も意味がないので、ゆっくり確認してください。
メールで面接を受けたいという旨を送った場合は、必ず返信があります。
送っても返信が来ない場合は、何らかのトラブルで相手にメールが届いていないと思ってください。

遅くても、3日以内には返信をくれます。
それ以上待っても返信が来ないなら、メールを再び送ってください。
そのようなトラブルをさけるために、できるだけ電話を使った方が良いです。
電話なら直接やり取りができるので、面接の日をそのまま決めることも可能でしょう。


この記事をシェアする